mitsubachi note

MENU

2018/1/10

好きだから、大変でも頑張れる。

田中 章雄

私は宇都宮大学の農業環境工学科という
学科を卒業しました。

この学科は農業の事を学ぶというよりは
農業のインフラ面を学ぶ
学科だったような気がします。

なので農業や農学の事は
農学部出身ですが正直よくわかりません。

農業環境工学科では、
例えば、降った雨をダムなどに溜めて
水田に必要な水を引っ張ってきて
管理するとか、

その場で安定的・生産的に栽培するための
農業機械や施設を作るとか、

一般的には農業土木や農業機械と
呼ばれる分野です。

バレーボールサークルやバイトを
一生懸命頑張っていた私なので、
ちゃんと勉強したかというと・・・

地方大学で、
農業土木というニッチな仕事なので
公務員を目指す人が結構多いです。
あるいは環境コンサルとかかな。

でもルーティンワークとか
決まり事を忠実にこなすとか
苦手な私は、

3年生のインターンシップで2週間
北海道の土木事務所(だったけ?)
で働いてみたんだけど、
公務員は向いていないと。
公務員を目指して頑張るという選択肢は
すぐに消えました。

そして、この学科では技術職に進む人が
多い中、異色の不動産仲介営業という
職種に進みました。

入社したての頃は、
全く知識もないし、

社長に
「お前大丈夫か?」
と心配されるぐらい
コミュニケーションスキルも低くて

ザ・営業マンみたいな人と比較して
「自分は違うな〜。営業センスないな〜」
なんて事を考えたり、

入社したての頃なんて、
お客様リストなんてもらえるわけもなく、
でもお客様のご自宅に訪問する
目標件数とかあって、
10組ぐらいの先輩からもらった
お客様へ、毎日毎日

”ピンポーン”

とベルを押して、お伺いして、
”断られる”
という事を毎日やってたら、
心も折れて来るわけで、
業績も上がるわけもなく、
(1年目はビリから何位って感じ)

『オレ、営業向いてないな〜』

なんて思う毎日で。
(今思うと、自分の努力不足・
アイディア不足が原因なんだけれども)

でも、入社3年目
2年目と同じ店舗で、副店長だけが抜けて、
他のメンバーは同じで、
店の売り上げ目標は変わらない。

「えっ、どうすんのこれ?」
「もしかしたら、オレやらなきゃダメじゃん」
(気がつくのが遅い!!)

そう覚悟を決めてから
なんかガムシャラに仕事してみると、
なんでだか、忙しくなる。

休日出社してたら、
お問い合わせが2件あって、
そのお客様は、
私たちの休日の日しか動けないから
また次の週休日出社してたら
またお問い合わせが。

そんなこんなで働いていたら
4月は休みが1日しか取れなかったんだけど、
月間売上トップになって。
(ちなみにその年は3月20日頃まで
トップだったのですが、
最後の最後に抜かされて
トップセールスは取れませんでした。。。)

知識やスキルは変わってないのに、
なんでこんなに成績が変わったのかな?
と考えてみると、気付いたんです。

「オレって、お客様と信頼関係を構築して、
役に立つって事好きなんだな。」
「営業ってお客様の役に立つために
考えて・動いて・準備して、
貢献する事なんだな。」
「業績が上がることはもちろん
嬉しいんだけど、お客様の役に立てて、
関係性を築く事が好きなんだな。」

この感覚は今でも全く変わってません。
というか、モチベーションです。
今は養蜂家として、主な業務は生産者ですが、
お客様と関係性を構築できることがとても嬉しいです。

養蜂業界に限らず、農家などの生産者は
自分で販売する人というのはかなり珍しいと思います。

というより、時間が許さないと言った方が
正しいのかもしれません。

どうしてもメイン業務が生産であり、
そこを疎かにしてしまうと本末転倒です。

ですので、ほとんどの養蜂家さんや
農家さんも問屋さんや小売店さんへの卸が
販路の主軸となっているところが
ほとんどだと思います。
そして計算してみると、
収支的にも合理的だったりします。

でも、私どもは直接お客様とお会いして
販売する事に主軸を置いてます。

それはやっぱり、好きだからです。
そして、反応がダイレクトに得られるので
とても勉強になります。

様々なイベントで、
リピートして頂けるとお客様と
お話しして、感想などをお伺いできると、
「よし、また今年も頑張ろう!!」
と気合が入ります。
先日もそごう横浜にいつもお世話になっている
お客様がいらっしゃって頂けて
とても嬉しかったですし、
ブログ記事やイラストまで描いて頂いたり、
SNSに投稿して頂いていたりと、
めちゃくちゃ嬉しい限りです。
(リンク以外にも投稿して
頂いているのですが、
ご紹介できずに申し訳ございません)

これから生産規模が大きくなるに連れて、
生産現場にいる時間が増え、
販売に立てることも
少なくなっていくと思いますが、
なるべく販売にも時間を
避けるようにしたいなと
思っております。

 

 

PS
ブログの画像はイベントで
隣になったデザイナーさんが
描いてくれました。
プロにこうやって描いてもらったことが
なかったのでとても嬉しかったです。
一応、許可を得て投稿させて頂いております。

PPS
徐々にですがWEBショップも改善して行きたいと思ってます。
レビュー機能を追加しました。
レビュー投稿して頂くとWEBショップで使えるポイント
(300ポイント)をプレゼントしてます。
お客様の感想を頂けると嬉しいので、
投稿して頂けると私が喜びます。
レビューはこちらのサイトから
各商品ページの”レビューを投稿”をクリックしてください。

代表
田中 章雄 AKIO TANAKA
1986年3月生まれ、茨城県取手市出身、宇都宮大学農学部農業環境工学科卒業。大学卒業後、横浜の不動産仲介会社に入社して営業・人事を経験。大学時代に経験したグリーンツーリズムで感じた自然資源の可能性・豊かさを忘れられず農業ベンチャー企業へ転職。そこで養蜂と運命的に出会い、どんどん魅力にとりつかれる。師匠にお願いし、広島に移り住み、養蜂の修行を積む。2015年3月に養蜂家として独立するために静岡県伊東市に移住。日々養蜂家として勉強の日々を過ごしている。プライベートでは3児(息子2人と娘1人)のパパ。

COMMENT

コメントは管理者の承認制となっております。コメントが承認されるまでお待ちください。

CATEGORY