mitsubachi note

MENU

2019/1/23

ミツバチは冬眠するの?

田中 章雄

From:田中章雄
@横浜のホテルより

先ほど催事の搬入をしてきました。
(このブログを配信する頃は、
そごう横浜店で催事に出店させて
頂いている頃だと思いますが)

いやぁ・・・
年末年始だからか、
ただ、私の業務スピードが遅いだけなのか、
あっという間に時間が過ぎますね。

2018年は12月31日まで
イベントに出店させて頂き、
バタバタと、
気が付けば、1月も後半。。。
あっという間でした。

でも1月2日と3日はおやすみを頂いて、
妻のご両親に温泉に連れて行ってもらいました。

普段から妻のご両親には、
販売などの際に、
子供の面倒を見てもらったりと、
負担をかけてばっかりなのに、
本当に感謝の気持ちしかありません。

久しぶりに家族とゆっくり過ごせ、
とても充実した時間を過ごさせて頂きました。

改めて、もう少しは家族との時間を
取れるようになりたいなぁと感じました。

と言いつつ、今日も娘に
「パパはいつも仕事ばっかり!もっと私と遊んで!!」
と怒られましたが、、、

 

冬の間のミツバチ

さて、この前ミツバチの冬越しについて
ブログを書きましたが、
[今の時期、養蜂家は何してるの?]

”なんか難しくてよくわからなかったけど、
大変そうなんだなと思いました”

”なんかなんとなく、いろいろ大変そうですね”

と言った、感想をよく頂きました。
ちょっとマニアック過ぎましたかね(笑)

私も元々は全く養蜂の事を知らない
普通のサラリーマンでした。

そのころの私が内容を理解できたかというと、
できなかったと思います。

なので今回は、
今の時期ミツバチと周りの環境は
どんな感じなのか、
簡単にご覧いただきたいと思います。

まずは、蜜源樹の様子。

例えば、
夏のハチミツ”清夏の薫り”の
【蜜源樹:カラスザンショウ】の場合

・6月ごろ

まだ蕾の状態で、花が咲いていない状態です。ミツバチもまだ寄ってきていません。

・7月末ごろ

よーく気をつけて見ないと気づかないぐらいの小さな花を咲かせます。
上の写真はミツバチが飛んできているのわかりますか?

・1月(昨日)

6月の写真と同じ木なんですが、
寂しい感じですよね。

蜜源樹も季節によってこんな感じに変化します。

冬場は花がかなり少なくなります。
今の時期の蜜源は椿ぐらいでしょうか。

そして、今度はミツバチの様子

まず、初夏のミツバチの様子

ブ〜〜〜〜ン♪
って感じ。
賑やかですよね。

一方、
次は昨日撮った冬のミツバチの様子

シーーーーーン。
たまにプゥン。
って感じ。

全然違いますよね。

スズメバチなどは、
女王蜂が土の中に潜って冬眠しますが、

ミツバチは気温が下がると
巣箱の中でミツバチ同士の体を寄り添い、
自分たちの筋肉を震わせて暖をとります。

ミツバチたちは、冬眠するわけではなく、
巣箱の中で活動しながら冬を越します。
(越冬と言います)

そして、たまに気温が上がった時は
排便に出かけたり、
たまーに蜜や花粉を集めに外出します。

 

なので、冬場の蜂場はとても静か。

春が近づいて暖かなってくると、
ミツバチの羽音が
聞こえるようになってきます。

(でも、今年は暖冬のせいか、
例年に比べてミツバチが飛び回っていますが。)

その羽音が聞こえてくるようになると
春の訪れを感じながら、
私の心もウキウキし始めます。

今年こそはミツバチにとっても
養蜂家にとっても
いい年になってくれたらいいな。

 

PS
先日、スティックハチミツに
夏のハチミツ”清夏の薫り”が仲間入りしました。

そして、お得な定期コースもできました。
よかったら確認してみてください。
[スティックハチミツはこちら]

 

PPS
そして、手作りハチミツ飴にも
新しい仲間が加わる予定です。
もう少しでご紹介できると思います♪
楽しみになさってくださいね。

代表
田中 章雄 AKIO TANAKA
1986年3月生まれ、茨城県取手市出身、宇都宮大学農学部農業環境工学科卒業。大学卒業後、横浜の不動産仲介会社に入社して営業・人事を経験。大学時代に経験したグリーンツーリズムで感じた自然資源の可能性・豊かさを忘れられず農業ベンチャー企業へ転職。そこで養蜂と運命的に出会い、どんどん魅力にとりつかれる。師匠にお願いし、広島に移り住み、養蜂の修行を積む。2015年3月に養蜂家として独立するために静岡県伊東市に移住。日々養蜂家として勉強の日々を過ごしている。プライベートでは3児(息子2人と娘1人)のパパ。

COMMENT

コメントは管理者の承認制となっております。コメントが承認されるまでお待ちください。

CATEGORY