mitsubachi note

MENU

2019/2/9

最近の嬉しかった出来事

田中 章雄

From:田中章雄
伊東の事務所より

この前、嬉しいことがありました。

娘は甘えん坊の怒りん坊です。
だいたい話しかけられるときは、
怒り口調でお話ししてくれます。

「パーパー!今日はどこにいるの!?」
「パパー、たまには幼稚園に迎えに来てよー!!」
毎朝、娘から怒り口調で質問されます。

そういうとき、私の頭の中では、
『きっと、甘えたいんだ!』
と脳内で変換され、
娘にデレデレと接します。

そして、妻に怒られます。
「そういう態度で接するから
娘も調子にのるんでしょ!」っと。。。

そうかそうか!と
すこーーしだけ反省しつつも、
『子供達はもうちょっと大きくなったら
すぐに相手にしてくれなくなるんだろうな』
と思うと、結局デレデレしてしまいます。

そしてまた妻に怒られます。

で先日も、いつも通り、
「今日はパパが迎えに来てよ!!」
と朝から怒られ口調で甘えられ(?)、

最近バタバタしていて
『子供達との時間を過ごせてなかったな〜
せめて幼稚園の迎えの時間ぐらいは作るか!』
と思い、幼稚園に迎えに行きました。
(長男が年長さん、長女が年中さんです。)

迎えに行くと、娘は
「パパァ〜♪」
と明らかに嬉しそうな素振りを、
素直な反応をしてくれます。

いやぁ、迎えに来た甲斐があったもんだ〜
と父である私も嬉しくなっちゃいます。

一方、息子がなんか隠しているような感じで
恥ずかしそうに、なんかモジモジしてます。

どうしたのかな〜と思ってると、
「ハイ!」って渡してきました。

「パパの事務所寒いからマフラー。」
といって幼稚園で作ったマフラーを
プレゼントしてくれました。
(確かに寒い・・・)

そして先生が、
「パパが迎えに来るまで一生懸命
自分でお手紙書いてたんですよ〜」
と教えてくれました。

子供からもらうプレゼントって
本当に嬉しいもんですね。

 

その後、幼稚園から家に戻らず、
一緒に事務所に行きたいというので、
事務所で、マフラーの巻き方講座が始まりました。

娘は幼稚園で作った、
『パン!』ってなる紙鉄砲を作ったようで、
楽しそうにずっと『パン』『パン』やってました。

もっと子供達との時間もとれるようになりたいなぁと
改めて感じた1日でした。

『今年こそ、もう少し効率の良い仕事をして
家族との時間をとるぞー!!』
と年始に目標を掲げたのですが・・・

という今日も事務所で仕事してます。
子供達は幼稚園おやすみなので一緒に出勤。

今日のお昼は、
地元の丸六水産さんの干物を炭火で焼いて
ちょっとばかり休日気分を味わおうと思います♪

 

PS
本日まで販売柚子ハニー。
私が言い始めて商品を試作し始めたのですが、
私の本命は違う果物だったですよ。

柚子は、たまたま手に入ったから、
試しに漬けてみようか、柚子好きだし。

みたいな程度だったんです。

でも、5〜6種類の中で
一番ハチミツと相性がよかった。

そして、妻が大絶賛したんです。

どうしても私が判断する時って、
それまでのプロセスとか、
思い入れとかが入ってしまうので、
余計な情報入りの偏った判断になってしまうので、

妻に聞くようにしています。
その妻が柚子を大絶賛したので、
美味しいと感じるのは私だけじゃなくて
自信を持って出しても
大丈夫な商品なんだなと判断してます。

そんな柚子ハニー、
本日まで販売しておりますので、
よかったらご確認くださいね。

代表
田中 章雄 AKIO TANAKA
1986年3月生まれ、茨城県取手市出身、宇都宮大学農学部農業環境工学科卒業。大学卒業後、横浜の不動産仲介会社に入社して営業・人事を経験。大学時代に経験したグリーンツーリズムで感じた自然資源の可能性・豊かさを忘れられず農業ベンチャー企業へ転職。そこで養蜂と運命的に出会い、どんどん魅力にとりつかれる。師匠にお願いし、広島に移り住み、養蜂の修行を積む。2015年3月に養蜂家として独立するために静岡県伊東市に移住。日々養蜂家として勉強の日々を過ごしている。プライベートでは3児(息子2人と娘1人)のパパ。

COMMENT

コメントは管理者の承認制となっております。コメントが承認されるまでお待ちください。

CATEGORY