mitsubachi note

MENU

2019/2/14

Happy Valentine♪

田中 章雄

From:田中章雄

今日はバレンタインですね♪

チョコレートあげましたか?
それともチョコレートもらいましたか?

私はチョコレートもらっちゃいましたよ!!

娘と妻と妻のお母さんから♪

しかも娘のチョコレートは
手作りのチョコレート♪
嬉しいですねーーー!!

どうやら、昨日妻と息子と娘で
頑張って作ったみたいです。

私は事務所で仕事をしていて
帰るのが遅くなってしまい、
帰ったら子供達は寝てました。

妻から一生懸命作って
渡すの楽しみにしてたよ!
って話は聞いていたので、
翌朝を楽しみにしてました。

そして、朝起きたら
いつもは甘えんぼで怒りんぼ娘が、
「パァ〜パァ〜♪」
とニコニコしながら話しかけてきて、

「チョコレート作ったんだよ〜ハイっ♪」

ってチョコレートをくれました。

いやぁ〜やっぱり嬉しいですね♪
(もちろん妻とお母さんから
もらったチョコも嬉しいですよ!!)

その袋の中身の
チョコレートがこちら

うれしくて事務所でカシャカシャ
写真を撮りまくりましたよ。

うん。
なんかみたことある。

まさしくちかちゃんが教えてくれた
このレシピですね。
[ゆずハニーのロシェ]

ちゃんと”ゆずハニー”を使ってる♪

ゆずの皮の部分を食べると
ゆずの風味がして美味しい♪

と言っても、
袋に入っているチョコレートは
もったいなくてまだ食べてません。
まだ袋の中に入ってます。

妻が袋に入らなかったあまりを
私にくれたのでそっちを食べました。

いつまでも食べずにとっておきそう。

 

「やっぱり想いって大切だよな」と思う。

このチョコレートの材料って、
どこでも手に入るものですよね。

しかも、
コンフレークを買ってきたのも、
チョコレートを買ってきたのも、
私だし(笑)

 

でも、その材料に
想い手間が加わると、
人をハッピーにするものが出来上がる。

これって、
今回は娘の手作りチョコレートだけど、

私たちがお願いして作ってもらっている、
『手作りハチミツ飴』もそう。

 

手作りハチミツ飴は、
グラニュー糖と水あめと”花々の雫”が材料で全て手作りで作ってくれている。

飴職人の”マリコさん”の
がかなり入っている。

だって、他のメーカーさんに
同じ材料で作ってもらった
試作品の飴・・・

正直、美味しくなかったもん。

まずくないけど、
なんか、普通・・・
って感じの飴で、

マリコさんが作った飴は、
綺麗だし、優しい味。

 

きっとハチミツも同じ

ハチミツは
生産して瓶詰めするまでに
逆に手をかけずに
自然のままの状態で
お届けしているけれども、

生産の過程での
想いとか手間をかけたりとか、
そういうところにも
味の違いなんかが出る気がする。

これは、
全く科学的根拠ないし、
きっと、
生産者の勝手な思い込みだろう。

そもそも私は普段、
根拠の無いことってあまり信用しない。

でも、作り手の想いって
食べ物にしても、
手作りの物にしても、
必ず何らかの型で表れると思ってます。

今年も美味しいハチミツが採れるよう
想いを込めて頑張ります!!

PS
2月17日(日)まで限定の
カカオニブハニーも瓶詰め担当のナミさんの想いが
たくさん詰まったハチミツです。

\カカオニブを確認する/
詳しくはこちら

代表
田中 章雄 AKIO TANAKA
1986年3月生まれ、茨城県取手市出身、宇都宮大学農学部農業環境工学科卒業。大学卒業後、横浜の不動産仲介会社に入社して営業・人事を経験。大学時代に経験したグリーンツーリズムで感じた自然資源の可能性・豊かさを忘れられず農業ベンチャー企業へ転職。そこで養蜂と運命的に出会い、どんどん魅力にとりつかれる。師匠にお願いし、広島に移り住み、養蜂の修行を積む。2015年3月に養蜂家として独立するために静岡県伊東市に移住。日々養蜂家として勉強の日々を過ごしている。プライベートでは3児(息子2人と娘1人)のパパ。

COMMENT

コメントは管理者の承認制となっております。コメントが承認されるまでお待ちください。

CATEGORY