mitsubachi note

MENU

2019/2/23

未婚シングルマザーのマイルール

田中聡子

FROM:田中聡子

今日は、イベント出店の為地元に戻ってきていて、地元の図書館にてブログを書いています。

この図書館は、まだ地元にいる時、娘に読んであげる絵本を選ぶ為によく来ていた図書館です。 

今回のTOP写真は、最近娘がはまっている「3匹のこぶた」の絵本を読んでいて、
オオカミが出てきて怖いけど見たい!そんな葛藤をしている娘の写真です。

絵本が大好きな娘。
私にとって娘と一緒に読んだ絵本には大切な想いが詰まった絵本が沢山です。


上の絵本は、私が幼稚園生の時に読んで、とてもワクワクして何回も何回も読んだ絵本。
今この表紙をみるだけで、当時のワクワクした気持ちが蘇ります。

娘がおなかにいる時、偶然この絵本を見つけて、娘にもワクワクさせてあげたい!と想い娘に月に1冊絵本を買ってあげよう!と決めた大切な絵本。

この絵本は、 
娘を妊娠して、心臓の動きの確認とれて、市役所に母子手帳を貰いに行ったときに一緒に中に入っていた動物絵本。

まだまだ自分一人で産むことに対して不安で、でもこんな自分が絵本を娘に読んであげるようになるのかなぁ~と想像して少し嬉しかった。

娘の初めての絵本。 
これも大切な絵本。

「うんとこしょ、どっこいしょ!」の”おおきなかぶ“は自分が子供の時にも読んで貰った本で、自分も子供の時真似して一緒に「うんとこしょどっこいしょ」をした。

20数年後に同じ絵本を読んで、娘も「うんとこしょどっこいしょ!!」と絵本を楽しむ。
なんだか同じ絵本を読んで同じことをして、とても嬉しい。
大きなかぶもとても大切な絵本。


「どんなに経済的に苦しくても 
一か月に一冊は 
娘に絵本を買ってあげよう。」

 


一人で産むと決めた時に自分で決めたマイルール。
結局、毎月娘のことを考えて想って選んだ絵本はどの絵本も大切で、毎月毎月想い出のある絵本が増えています。

 

兄がみつばちのーとを初めて、夏のキャンプの時兄のハチミツを食べた時、 
「私も兄と一緒に働きたい!」 
と思って、みつばちのーとで働くようになってからもうすぐで3年たちます。

まさか人生でこんなにもハチミツの事ばかり考えるようになるとは思いませんでした。
私の頭の中は、娘とハチミツの事ばかりです。

最近ふと気づいたことがあったんです。

私達は 
「はちみつを通して豊かさを提供したい」 
という想いの元、日々みつばちのーとは活動しています。

ただ、豊かさっていうのは、人それぞれに価値観も違うし、沢山ある中で、まだまだ具体化できていません。

私にとって、はちみつを使って頂いている人にとって、豊かさって何だろう。
と日々考えて過ごす毎日です。

ただ、最近「物」には、必ず「想い」があって、価値が生まれるんだなって事に気が付いたんです。

  それは、


「作り手の想い」だけでなく、 
「使って頂く方の想い」が 
あってその物に価値が生まれる


という事。

私たちは、 
「混ぜ物・高熱処理のない安心安全のものを皆さんにご提供したい」 
という想いで「国産天然ハチミツ」という「物」をご提供させて頂いています。

ただ作り手はそんな想いでいても、一方通行だったら、ハチミツに価値は生まれない。
「ただの天然はちみつ」です。
 
ハチミツを使って頂いている方がもし、
 
「牛乳の飲めないお子さんの為に、何とか牛乳を飲めるようにしてあげたい。」 
という想いがあって、試行錯誤の上、はちみつを入れてみたらどうだろう…?
やってみたら飲んでくれた。
 
「牛乳を飲めなかった息子がハチミツを使ったら飲めるようになった。」 
そこで価値が生まれる。
 
仕事でいろいろと疲れてしまった方が
「そういう時こそ美味しい物に出会って元気になりたい」 
という想いがあってご家族とハチミツを食べて、みんなで美味しい!と驚く。
 
「ハチミツの美味しさと、ご家族で明るい気持ちになって落ち込んでいた気持ちが少しでも元気になった。」 
そこで価値が生まれる。
 
「お父さん・お母さんにいつまでも元気でいてもらいたい」 
という想いがあってご両親にハチミツを送る。
 
「健康を気遣って栄養満点のハチミツを送って貰えた事が嬉しい。これからも健康で長生きしようと思った。」 
そこで価値が生まれる。
  

ただ、私達の「想い」があるだけではハチミツはまだ、「ただのハチミツ」であって、使って頂いている方の「想い」がある事で、その「ただのハチミツ」には、
「価値が生まれた」ということになるんじゃないかなぁと思いました。 
 

というのも、イベントの時、直接お話しをさせて頂いたり、

アンケートや、SNS、購入時に備考欄へメッセージを頂いたり、メールなどで直接やり取りをさせて頂いて、素敵なご感想などを頂くうちに、気づいた(気づかされた?の方があっているかな?)んです。

 

いつもハチミツを使って頂いている皆さん。

いつも何かしらの「想い」を持ってみつばちのーとの商品をご利用頂き、本当にありがとうございます。
 
これからも、みつばちのーとスタッフは、ご提供する商品に騒がしいほどの想いをいっぱい詰めてはちみつを皆様の元に届けたいと思っています。
 
ハチミツを使ってくださる方には、それぞれ人生があって、生活している背景も、価値観も、一人違うので、その「ただのハチミツ」を使って頂く理由、想いはそれぞれ違うと思います。
 
あなたがどんな想いではちみつを使ってくださっているのかをよく考えたうえで、
私達が出来ることは、その一人一人の「はちみつを使って頂いている方の想い」に出来るだけ寄り添って、ハチミツをご提供することなのかな~なんて思いました。
 
 
そう考えると、何にでも「想い」があって、考えるのが面白いですよね。
 
お母さんが作る今日の夕飯にも何かしら想いがある。
「今日は出来るだけ野菜を食べてほしいから野菜をたくさん入れよう」とか、
「今日はお誕生日だから、好きなものをいっぱい食べさせてあげよう」とか。
 
 
もしかしたら素敵な想いだけじゃないかもしれないけど、何事にもこれはどんな想いで作られて、存在しているのか、考える。 

自分にはどんな想いがあって行動しているのか、また素敵なこと、感じたこと、愛情、感情をしっかり相手に伝える。
 
そんな風に生活をしていきたいなぁと思いました。 
 
未婚シングルマザーの私にもう一つ新しいマイルールが増えました。
NEW

メルマガ & LINE@
会員募集中

ハチミツの美味しい食べ方や採取エピソード、

スタッフコラム、期間限定商品、新蜜情報、

セール情報などをお届けします。

MAIL MAGAZINE

メールマガジン会員募集中

LINE@

LINE@友だち募集中
みつばちのーと
田中聡子 SATKO TANAKA
みつばちのーと代表田中章雄の妹。1989年生まれ。東洋大学経済学部経済学科を卒業。前職は多くの人と関わることのできる仕事がしたいとの思いから受付・スイミングインストラクターなど接客業を経験。2016年より兄のハチミツをもっとたくさんの方にお届けしたいと思いみつばちのーとの一員に。プライベートでは一児(娘)の母。

COMMENT

コメントは管理者の承認制となっております。コメントが承認されるまでお待ちください。

CATEGORY