mitsubachi note

MENU

2019/10/6

【休日のご褒美時間】ハチミツグラノーラご褒美パフェ

田中聡子

■休日の朝食は旬のモノを使って少し贅沢に。

仕事や家事を頑張った先に待っている休日。

忙しい日常をがんばった自分に、たまにはご褒美をあげて明日からまた頑張ろう!っと心のエネルギーチャージをしたいですよね。

さて、どんなご褒美を自分にあげよう?

 

美味しい物を食べる。それだけで幸せ。

 

[美味しいモノを食べる]

それが忙しい毎日を乗り切るエッセンス。

明日からまた頑張る為に、時間に余裕のある休日の朝食に、いつもの朝食をちょっとだけアレンジして、贅沢で、美味しい朝食を食べて平日頑張った自分へのご褒美にしてみてはいかがでしょうか。

■秋が旬のリンゴを使って、
休日のご褒美メニューに

晩夏から出回り始める“りんご”は、秋になると本格的な旬を迎え、秋から冬にかけてさまざまな種類のりんごが出てきます。

甘酸っぱく、芳醇な香りのりんごは、皮をむいて生で食べるのが一番ですが、りんごは火を通しても、おいしく味わえる果物です。

今回は、旬のりんごを使った贅沢で簡単なご褒美レシピです。

 


なるべく簡単に。
でも特別感のあるご褒美パフェ


材料

・りんご … 100g(小さめ1/2個)
・バター … 5g
・無糖ヨーグルト … 120g
・グラノーラ … 40g
・シナモンナッツ漬けハチミツ … 40g

作り方

[1] りんごを1cm角に切る

[2] フライパンにバターを溶かし、りんごを入れてソテーする
→冷ましておく

[3]グラスに盛り付ける。

ヨーグルト→ソテーしたりんご→グラノーラ→シナモンナッツ漬けハチミツの順でグラスに盛り付けたら完成。
(この順番が一番グラノーラがしんなりせずにザクザクのまま食べられます)

少しリッチな無糖ヨーグルトを使ったり、余裕がある時には水切りヨーグルトにしても、デザートとして食べる時には、お好みでアイスや生クリームをプラスしても贅沢感が更に上がります。

■盛り付けはお気に入りの
容器を使って特別感を。

パフェを盛り付ける容器を、お気に入りのグラスやカップに盛り付けるだけでも特別感が出て気分が上がります。

お休みの日は、ご褒美朝食を食べながら、こころとカラダの疲れをしっかりと癒してくださいね。

そうして、ご褒美時間を過ごし、また来週の活力に繋がりますように。

 

■今回使用ハチミツ

グラノーラ専門店「fig」さんにはちみつにあうグラノーラとして作ってもらった「はちみつ屋さんのグラノーラ」と、シナモンの香りがたまらない「シナモンナッツ漬け」のセット

 

NEW

メルマガ & LINE@
会員募集中

ハチミツの美味しい食べ方や採蜜エピソード、

スタッフコラム、期間限定商品、新蜜情報、

セール情報などをお届けします。

MAIL MAGAZINE

メールマガジン会員募集中

LINE@

LINE@友だち募集中
line

@mitsubachi-n

みつばちのーと
田中聡子 SATKO TANAKA
みつばちのーと代表田中章雄の妹。1989年生まれ。東洋大学経済学部経済学科を卒業。前職は多くの人と関わることのできる仕事がしたいとの思いから受付・スイミングインストラクターなど接客業を経験。2016年より兄のハチミツをもっとたくさんの方にお届けしたいと思いみつばちのーとの一員に。プライベートでは一児(娘)の母。

COMMENT

コメントは管理者の承認制となっております。コメントが承認されるまでお待ちください。

CATEGORY