mitsubachi note

MENU

2022/5/12

直感と出会いを大切に。

kosekikanako

こんにちは!

みつばちのーとのコセキです。

 

みつばちのーと養蜂部の一員となり、もうすぐ2ヶ月。

ブログにはちょこちょこ登場しているのですが、

女性養蜂家??と驚いた方もきっと多いのではないでしょうか?

 

今回は、養蜂家を目指すキッカケや私自身のこと、みつばちのこと、そんなお話を。

茨城県の米農家の次女として生まれ、6人家族の他に

番犬、ヤギ2匹、誕生日におねだりした(?)ウズラや烏骨鶏、金魚にメダカと

今考えるととっても賑やかな生き物に囲まれて、自由奔放にすくすく育ちます。

 

畑で採れた新鮮なお野菜に、数種類の甘酸っぱい果物。

納豆や漬物もおばあちゃんのお手製で、おかげさまで素材そのものの味が大好きになりました。

 

成田空港が近いこともあり外国の友人も増え、その時からぼんやりと

“海外で生活したいな〜”

なんて思うものの、なかなか踏み出せず。

仕事と遊びに明け暮れた20代。

 

あっという間に時は過ぎ、30代を目前にして

“自分の人生、このままでいいのか?”

と、モヤモヤや焦りがドッと押し寄せてきました。

 

そういえば、ワーキングホリデーは31歳になるまでだったよな…

よし、行っちゃうか!!!!

と、30歳にして渡豪を決意します。(これをギリホリと呼ぶそうです。笑)

 

オーストラリアで、私の日本での常識はひっくり返ります。

大自然が溢れ、人は陽気でフレンドリー。

スーパーで買い物する時は裸足だし、フルーツの味見もOK。もう最高!!!

 

ここに長くいるには、どうしたらいいだろう?

調べると、3ヶ月間農業に従事すれば2年目のビザがもらえるらしい!?

了解です!!すぐさま就職先を見つけました。

 

それは、山一面に広がる大規模な苺ファーム。

過酷と言われる苺ファームで心が折れそうになっている私に、

突然、運命の出会いが訪れます。

 

ブーンブーンと、あの羽音。

小さな頃、桜の花に訪花するみつばちを両手で鷲掴みにし、チクッと刺されて(当たり前)痛くて泣いた記憶が蘇ります。

 

怖がる私に、ファーム仲間がこんなことを教えてくれたのです。

『みつばちが、どれだけ私たちの食を支えているのか』

そして、『そのみつばちが世界から激減している事実』

 

衝撃と同時に、そんな彼らにフツフツと興味が湧いてきたのでした。

 

帰国後、“週末養蜂”という言葉を知り、そこからのご縁で日本みつばちの飼育を始めることに。

そこからどっぷりと“みつばちワールド”にハマってしまった私。

 

こうなると、もう止められません。

 

養蜂家になって、美味しいはちみつを通して

『みつばちの大切さを少しでも多くの人に知ってもらいたい』

 

求人を見続ける日々がスタートします。

女性では厳しいですよ。との声もありましたが、諦めないぞ…。

 

そしてついに、伊豆でこだわりの天然はちみつを作る『みつばちのーと』に出会うのです。

 

サーフィンが趣味の私にとって、海の近くはゆずれない。

みつばち最優先の環境、混ざり物の一切ない生はちみつ…これだ!!!

みつばち愛を履歴書いっぱいに込めて、無事に採用のお返事をいただいた時は半泣きでした。笑

 

我が家の日本みつばちは、構造上、内検(巣箱の中を見ること)ができません。

はじめての内検で、みつばち達を間近で見たあの感動は、一生忘れることはない。それくらい素晴らしい体験でした。

小さなみつばち達1匹1匹が集まって、一つの大きな家族になる。

それぞれに役割があって、皆がその役割を全うしている。

 

日々、みつばちから、たくさんの学びや幸せをもらっています。

 

養蜂を始めてから、自然と、まわりに咲く花や木に意識がいくようになりました。

ここに蜜源があったんだ!今年はここにヒマワリ畑ができてる!

今まで見ていた景色が、全く違うものになる。

そんな風に思えるのも、みつばちと出会えたから。

 

これから、私の感じる小さな幸せを

皆さんとシェアしていけたらいいな♪と思います。

 

体も心もHappyになる『みつばちのーと』のはちみつを食べた時の

皆さんの素敵な笑顔を想像しながら。

 

まずは、みかんの採蜜に向けて(雨続きのお天気で心配ですが…)

はちみつを作るお手伝いができたらと思います♪

 

皆さんも楽しみにしていてくださいね。

NEW

メルマガ & LINE@
会員募集中

ハチミツの美味しい食べ方や採蜜エピソード、

スタッフコラム、期間限定商品、新蜜情報、

セール情報などをお届けします。

MAIL MAGAZINE

メールマガジン会員募集中

LINE@

LINE@友だち募集中
line

@mitsubachi-n

みつばちのーと
kosekikanako kanako koseki
1986年生まれ。茨城県出身。農家の娘として幼少期から自然とともに暮らす。海外の夢を諦めきれず、30歳でオーストラリアへ渡豪。そこからみつばち愛が止まらなくなり、ついに養蜂家としてみつばちのーとへ入社。

COMMENT

コメントは管理者の承認制となっております。コメントが承認されるまでお待ちください。

CATEGORY