mitsubachi note

MENU

2022/7/28

【管理栄養士のレシピ】 琥珀の輝きレシピ

南谷 智佳子

こんにちは!管理栄養士の南谷です。

暑い日が続いていますね~!
我が家は子供が夏休みに突入し、家の中はすでにわちゃわちゃとしています 笑
上の子は今年小学校に入学したので、初めて夏休みの宿題が!
朝顔の観察や、絵日記、ドリルなどたっぷり持って帰ってきました。
皆さまは夏休みの宿題、どのように乗り越えてきましたでしょうか?
私はギリギリにやるタイプでした 笑
そこは似ずに、早めに終わることを願います!!

さて、今回は新蜜の「琥珀の輝き」を使用したレシピをご紹介したいと思います!
「琥珀の輝き」は黒蜜のようなコクがあって、お料理やお菓子の味に奥行きが出ますよ~!

夏休み!ということで、お子様やお孫さんもお手伝いしやすいレシピも1品考えてみました♪

楽しく取り入れていただけたら嬉しいです!

 

ハチミツすんだの豆腐白玉

【材料 (白玉約24個分)】

・枝豆 (さや付き) … 150g
ハチミツ(琥珀の輝き) … 大さじ1
・塩 … 少々

・白玉粉 … 60g
・絹ごし豆腐 … 80g

ハチミツ(琥珀の輝き) … 適量

 
【材料 (約2人分)】
 
・紅茶ティーバッグ (今回はアールグレイ使用)… 2個
・水 … 300g
・ゼラチン … 5g
ハチミツ(琥珀の輝き) … 大さじ1
 
仕上げ用ハチミツ(琥珀の輝き)  … 適量
 
※水でふやかすタイプのゼラチンの場合は、商品によって指定されている水の量でふやかしておいて下さい
 
 
【作り方】
 
(1)お湯(90℃位)にティーバッグを入れ、紅茶を作る
 
※紅茶の表示時間で大丈夫です!
今回は2分間浸しました
 
 
(2) ゼラチンを振り入れ、泡立て器で混ぜてよく溶かす
 
(3) 少し冷めたところでハチミツを加えて、ゴムベラでよく溶かす
 
 
(4) 茶漉しで濾しながらゆっくりと器に流す
 
※濾すことで気泡を減らすことが出来ます!
 
 
(5) 粗熱が取れたら蓋をして冷蔵庫で冷やし固める
 
※2時間以上は冷やして下さい
 
 
(6) 固まったら斜めに切れ目を入れて器に盛り付ける
 
※対角線に斜めに切り込みを入れると、正方形よりも少し平行四辺形に近い形になり、輝きが増します!
 
 
(7) 仕上げにハチミツをとろ〜りとかける
 
 
食べる直前にかけるハチミツが魅力的♪
ゼリーが更に輝きますね!
 

★作り方のpoint♪

・ハチミツをかけることを前提として作ってあるので、ゼリーは甘さ控えめです!
 
・今回は大きな器に流して切れ目を入れて盛り付けましたが、スプーンでクラッシュゼリーにしてもいいですし、ゼリー液を小さいカップに流してもいいです♪
 
・器に流した時に気泡が出来てしまった場合は、楊枝で潰したり、チャッカマンで炙ったり(プラスチック容器の場合はNG)、食品にも使えるアルコールスプレーをかけると無くなります。
 
 

【管理栄養士のポイント!】

温かい紅茶にハチミツを溶かして…
ホッとひと息できる時間ですね♪
暑い夏にはアイスティーでさっぱりと♪
 
ハチミツは花の種類によって、味、香り、色が全く違います!
紅茶も沢山の種類があり、同じように味、香り、色が全く違いますよね!
 
紅茶の香りって癒されませんか?
これは気分だけの問題でなく、紅茶の香りにはリラックス効果のある成分が含まれているからなんです♪
香りによって脳が刺激され、心身ともにリラックスした状態の時に発するα波が出ます。
これによりリラックスした状態になることができるんです。 ※1
 
また、ハチミツの主成分は単糖類(ぶどう糖や果糖)なので、体内に入ると短時間で吸収されて、胃腸への負担も少なく栄養分となります。
このため、効率良く栄養を吸収することができ、短時間での疲労回復が期待できます!
 
ハチミツ+紅茶で、体の疲労回復とリラックス効果!
暑さで疲れた心にも体にも優しいですね!
 
何通りもある中から、ご自分にあったハチミツ+紅茶の組み合わせを探してみて下さい☆
お好きな香りに包まれて、よりリラックスできると思います♪
 
参照: ※1  紅茶のある暮らし
NEW

メルマガ & LINE@
会員募集中

ハチミツの美味しい食べ方や採蜜エピソード、

スタッフコラム、期間限定商品、新蜜情報、

セール情報などをお届けします。

MAIL MAGAZINE

メールマガジン会員募集中

LINE@

LINE@友だち募集中
line

@mitsubachi-n

管理栄養士 兼 パティシエ
南谷 智佳子 chikako minamitani
神奈川県横浜市出身。 みつばちのーと代表田中章雄の妻である田中愛の幼馴染。 大学では栄養科学科に入学し、栄養学全般を(献立作成や給食実習なども)学びました。卒業後は管理栄養士として保育園で働き、その後お菓子のことももっと学びたいとの想いから、パティシエとして修行し、個人店やホテルにて勤務しました。 現在は仕事から少し離れ、3歳と0歳の育児に奮闘中です。 管理栄養士兼パティシエとして、ちょっとした栄養のお話や、蜂蜜を使ったレシピなどを紹介していきたいと思います♪

COMMENT

コメントは管理者の承認制となっております。コメントが承認されるまでお待ちください。

CATEGORY