mitsubachi note

MENU

2022/9/29

【コラム】みつばちもおだんご好き?

kosekikanako

こんばんは。

新人養蜂家の小関です。

みつばちが大好き!で、女性養蜂家としてみつばちのーとの一員になりました。

ハチミツを召し上がっているあなたと

養蜂家になって知った

〝あんな事やこんな事〟

を、この場で共有できたら嬉しいな。

そんな想いで、
ハチミツラテを片手にブログを書いています。

少しでも楽しんでいただけたら幸いです♪

■みつばちの世界に、おだんご?

『花粉だんご』と呼ばれるおだんご。

初めて見た時は「なにこれ?!」とびっくりしたものです。

今回は、可愛いみつばちの姿と『花粉だんご』のことを、ちょこっとご紹介します♪

みつばちは花の蜜をすう時、写真のようにたくさんの花粉を、体中のホワホワの毛にくっつけます。

巣箱前で観察していると、両足に可愛らしいポンポンをつけて出たり入ったり。

⇧クリックで動画再生されます⇧

このポンポン。

みつばちの世界でいう『おだんご』なんです。

何度も花に訪れることで、どんどん大きくなっていくおだんご。

頭くらいの大きさで、重たそうにしている子も、、、

花粉だけでは、おだんご状にまとまらない、、、
そこで花の蜜を“つなぎ”に使っているんだとか。

とても器用でまるで職人のようですね。
 

\突然ですが、ここでクイズです/

Q.そもそもみつばちは何のために、
おだんごをせっせと作っているのでしょう?

a.巣の材料に使う
b.食べる
c.勝手にできてしまう

正解は、、、

b. 食べる!

あれ?そもそも、、、

Q.成虫のみつばちは何を食べているのでしょう?
(いくつでも可)

a.花粉
b.ローヤルゼリー
c.ハチミツ

正解は、、、

a.花粉とc.ハチミツ!!

ハチミツがごはんなら、花粉はおかずのようなもの。

ローヤルゼリーは、幼虫の時に数日与えられるのですが、成虫は食べません。

※​詳しくは、師匠(代表)のブログに書いてあります。
下記のブログ『おかず、必要?』をぜひご覧くださいね。

花粉だんごを巣に持ち帰ると、六角形の巣房に詰めて、表面をハチミツでコーティング。

これをおかずとして食べています。

『蜂パン』と呼ぶそうですよ。

何だかおいしそうな言葉ばかり、、、

花粉だんごや蜂パンは瓶詰めされ、スーパーフードとして主に海外で需要があるようですね。

P.S.
おだんごの色は花粉で変わるので、実は黄色だけではないんです。

この続きは、また次回。

ゆっくりとお茶でも飲みながら。
次回も楽しみに読んでいただけたら幸いです♪

\代表田中ブログ♪興味のある方はぜひ/

NEW

メルマガ & LINE@
会員募集中

ハチミツの美味しい食べ方や採蜜エピソード、

スタッフコラム、期間限定商品、新蜜情報、

セール情報などをお届けします。

MAIL MAGAZINE

メールマガジン会員募集中

LINE@

LINE@友だち募集中
line

@mitsubachi-n

みつばちのーと
kosekikanako kanako koseki
1986年生まれ。茨城県出身。農家の娘として幼少期から自然とともに暮らす。海外の夢を諦めきれず、30歳で渡豪。そこからみつばち愛が止まらなくなり、ついに養蜂家としてみつばちのーとへ入社。

COMMENT

コメントは管理者の承認制となっております。コメントが承認されるまでお待ちください。

CATEGORY