mitsubachi note

【再販売】お待たせいたしました!

八街産の高級落花生「千葉半立」
みつばちのーとのハチミツで作った
[限定200個]無添加手作りピーナッツバター

落花生の名産地として知られる千葉県。
その中でも八街で作られている高級品種の落花生「八街産千葉半立」をご存知でしょうか?

「八街産千葉半立」は小粒で芳ばしく、コクのある旨みと甘味があるのが特徴で、最も美味しいと言われる最高品種の地域ブランドに商標登録されている落花生なんですよ。

今回ご提供させて頂くのは、高級品種「八街産千葉半立」とみつばちのーとのハチミツを使用し、香料や保存料を一切使用しない無添加で、全行程手作りで作られた、安心安全『ハニーピーナッツバター』です。

食材選びから作業工程のこだわりが生んだ落花生の風味が濃厚に香る「本物のピーナッツバター」を一度食べたあなたは、もう他のピーナッツバターを食べることが出来なくなりますよ。

今年中の製造が、最後となり、ばらく製造するのが難しいことと、できるだけ多くのご購入希望のお客様にお召し上がりいただけるよう、今回200セットご用意させて頂く事になしました。

まず、100セット分を本日20:00より販売開始させて頂きます。

残りの100セットは11月10日(火)入荷予定となっております。

是非お召し上がりくださいね。
 
 
 

今回、ハニーピーナッツバターを作って頂いたのは、

千葉県八街市にて「千葉半立」を使って、シンプルで素材の生きた本物のピーナッツバターの味をお届けしたいという想いのもと、落花生の生産からピーナッツバターの製造、販売を行っている『やちまたよしくら』さん。

事の始まりは、ハンドメイド系のイベントに出店した時に、『やちまたよしくら』さんのブースにお伺いしたのが始まりでした。

お店に立っているスタッフさんが熱心にピーナッツバターに使っている落花生の話や、ピーナッツバターの製造過程をお話ししてくれながら、様々なピーナッツバターを試食させてくれたんです。

そこで私はピーナッツバターの美味しさにかなりの衝撃をうけました。

口に入れる前から落花生の良い香りがして、口の中に入れると落花生の香りが鼻を抜け、じわじわと深い香りやコクが口の中に広がる!濃厚だけどクドさが全くない!

「なんだ⁉この美味しさは!本当に落花生の味がする!今まで食べてきたピーナッツバターは何だったんだろう!?」

そして、なんでこんなに濃厚でコクのある美味しいピーナッツバターなのか、やちまたよしくらさんのピーナッツバターについて調べてみたんです。

調べてみると、やちまたよしくらさんのピーナッツバターを作るにあたって

・厳選された素材のみを使う。
・安心安全の為に無添加にこだわる。
・できるかぎり手作業で製造する。
・美味しい”千葉半立”の美味しさを最大限に生かしたいっという生産者の想い

という点にとても感銘を受けたんです。

っというのも、

私達も日々、「安心安全な混ぜ物高熱処理をしていない自然なままの美味しいハチミツをご提供させて頂きたい。」っという想いで活動させて頂いています。

なんか根底は似ているな。っと。

きっと、ピーナッツバターを作るまでにも相当な労力やコスト、情熱ををかけてこの美味しいピーナッツバターが生まれているんだな。

ってピーナッツバターの美味しさに納得したんです。

また、それと同時に、やちまたよしくらさんの商品に対するこだわりのもと、やちまたよしくらさんの使う最高品種の「千葉半立」と、みつばちのーとの混ぜ物、高熱処理無しの天然ハチミツを使ってピーナッツバターを作ってもらったらどんなピーナッツバターが出来るんだろう…?食べてみたいな~っという想いが湧きました。

そこで、やちまたよしくらさんにお願いして、今回ハニーピーナッツバターを作ってもらったんです。

 

『美味しい落花生の風味をそのまま
お客様にお届けしたい』

「やちまたよしくらさん」はこのような強い想いの素、ピーナッツバターをお届けしています。

そして3つのこだわりをもってピーナッツバターを製造しています。

 

1)食品添加物一切なし。
シンプルな素材を使い「安心・安全」にこだわる。

安心安全で、シンプルで素材の生きた本物の香りや味を楽しむ事ができるピーナッツバターをお届けしたいという想いから香料、保存料などの食品添加物を一切使用せず、こだわりの素材を使ってピーナッツバターを製造しています。

無添加で無塩、砂糖不使用のピーナッツバターですので、お子様も安心して召し上がって頂けますよ。

今回作って頂いた『ハニーピーナッツバター』の原材料は

  • 落花生(千葉半立)
  • ハチミツ(国産天然生ハチミツ)
  • なたね油(国産なたね油100%)

のみとなっています。

尚、なたね油はピーナッツバターを落花生から作る時に、水分、油分が少ない為、生地を滑らかにする為に滑らかになるぎりぎりの量を使用しているそうです。

『ハニーピーナッツバター』はほとんど落花生とハチミツで出来たピーナッツバターですね。

 

2)落花生は100%最高品種の八街産「千葉半立 」を使っています。

この「千葉半立」は、落花生の最高品種として地域ブランドに商標登録され、落花生の王様と呼ばれているそうです。

小粒で芳ばしい風味、まろやかなコクの旨みと甘味があるのが特徴です。

落花生を作る農家の減少と栽培の難しさも重なり収穫量は減少し、近年特に貴重になってきているそうです。

「やちまたよしくら」さんで使っている落花生は100%「千葉半立」を使ってピーナッツバターを作っています。

 

3)全部、機械を使わず、全て手作りで作っている

ピーナッツバターを製造する過程では、ピーナッツバターに使う分だけ製造前にじっくり直火焙煎で煎り、全ての落花生を皮を手で剥き、落花生の豆を全て手作業で選別し、全て機会を使わず手作りで作られています。

全て手てづくりで作る理由は、「美味しい落花生の風味をお客様にお届けしたい」から。

その為に手間と沢山の労力をかけてピーナッツバターを作っています。

 

使う分を直前に落花生を直火焙煎で
じっくりと煎る

毎回製造する分のみ一時間かけてじっくり直火焙煎で落花生を煎っているそうです。
煎りたての落花生を使う為、鮮度の良い高級品種「千葉半立」の味、風味がしっかりピーナッツバターに反映されます。

 

落花生の皮を人の手で剥く

機械で落花生の皮を剥くと、味が落ちてしまう為、全て人の手で皮を剥いています。

このピーナッツバターは、ポリフェノールが豊富に含まれていると言われている薄皮もそのままピーナッツバターにしています。

作業は簡単なことですが、丁寧さ根気強さがとても大切な作業となります。

 

落花生を人の手で選別する

美味しいピーナッツバターを製造するために大切なことは、「使う落花生をしっかり選別をする事」です。
落花生を乾燥させる際に痛んだ落花生は悶絶するような不味さだという事です。

外見で明らかに分かるモノは良いのですが、じっくりと見ないとわからないものもあります。
そのような豆を一粒も入れないように何度も何度も時間をかけて選別をしているそうです。

 

すべて機械でやれば、人件費をカットできるところを、やちまたよりくらさんはより美味しいピーナッツバターにをお届けするため、手間と労力をかけて一粒一粒大切に落花生をピーナッツバターにしていきます。

 

みつばちのーとのハチミツを使って作った
ハニーピーナッツバター

やちまたよしくらさんのこだわりの素、最高品種の落花生「千葉半立」と、みつばちのーとの天然ハチミツを使用したハニーピーナッツバター。

ハチミツ10%の落花生のコクが引き立つビタータイプと、ハチミツ40%のハチミツの甘みが引き立つスイートタイプの2種類をご用意させて頂きましたが、このハニーピーナッツバターが完成するまでに、やちまたよしくらさんの苦労と、試行錯誤がありました。

 

 
試作の段階では、ピーナッツバターに入れるハチミツの量を10%~40%まで5%刻みに作って頂きました。
 
ハチミツの量が10%(ビーター)の場合は、滑らかなピーナッツバターになるのですが、10%以上ハチミツが入ると、はちみつの特性なのか、パサパサとになってしまい生地がまとまらなくなっていくという現象が起こっていました。
 
混ぜ方を変えてみたり、試行錯誤をした後、滑らかな無塩無糖のピーナッツバターを作ってから、はちみつをプラスし手練りをする方法でなんとか40%(スイート)のピーナッツバターが生地がまとまり、多少滑らかになりました。
 
どうしても手練りで生地を混ぜるとなると、労力もかかりますし、沢山作る事は難しくなります。
 
ですが、ピーナッツバターに含まれるハチミツの量が違うだけで、こんなにもピーナッツバターの味が違うっという食べ比べをして頂くのも召し上がって頂くお客様にとってとても楽しい事だと思ったので、今回、40%(スイート)も作ってもらう事にしました。
 
 
ただし、普通のピーナッツバターより固めです。
 
ハチミツの性質と落花生とハチミツ最小限の菜種油という余計なものを入れないシンプルな原材料となっているので、今回ご提供させて頂くハニーピーナッツバターは、どうしても普段召し上がって頂いているピーナッツバターより固めとなっています。
 
普段の滑らかなピーナッツバターを想像して実際ハニーピーナッツバターを手に取ると驚いてしまうかもしれません。
 
パンで召し上がる時は、塗るというより、乗せて食べるようなイメージとなります。
 
塗る事は難しいかもしれませんが、その代わり素材の味わいをそのまま楽しめるとても美味しい仕上がりになったと思います。
 
パンに塗らなくても、そのままお菓子代わりにパクパク食べてしまう位美味しいです。
(私は、ほとんどそのまま食べてしまっています。)
 
今回ハニーピーナッツバターをご購入を検討のお客様は、ハニーピーナッツバターが普通のピーナッツバターのような滑らかさではないことをご了承の上お買い求め頂けましたら幸いです。
 
※冬場を越えるとと凄く固くなる場合がございます。
・使用前にしばらく常温に置いておく
・瓶ごと湯煎をして頂くなどしていただきますと多少滑らかになりますよ。
 

 
2種類のハニーピーナッツバターを
ご用意させて頂きました。


 
 
落花生のコクが引き立つ【ビタータイプ】と、ハチミツの甘みが引き立つ【スイートタイプ】それぞれが出来上がりました。
ハチミツの入っている量で、味わい、香り、甘さがそれぞれ違うピーナッツバターをお楽しみ頂けます。
 
今回は、それぞれの違いを食べ比べながら召し上がっていたける様、2種類のピーナッツバターをご提供させて頂きます。

 

■ハニーピーナッツバター[ビター]

はちみつ10%が入ったピーナッツバターとなります。

落花生のコク、香りが濃厚に口の中に広がり、ビターな印象を持つピーナッツバターです。

これこそ、ピーナッツバター屋さんのピーナッツバター!っと食べて感動してしまう、落花生の旨みを存分に味わう事の出来るピーナッツバターです。

 

■ハニーピーナッツバター[スイート]

はちみつ40%が入ったピーナッツバターとなります。

蓋を開けるとハチミツの優しい香りが広がり、口に含むと、ハチミツの華やかな香り、甘さが広がった後に落花生のコク、香りが口の中に広がる、甘くてコクのあるピーナッツバターです。

こちらは、ハチミツをふんだんに使っているピーナッツバター!っと食べて感動してしまうはちみつの華やかさを存分に味わう事の出来るピーナッツバターです。

 

【ご注文の前に、ご確認ください】

※決済方法について
ハニーピーナッツバターを含むご注文は、お支払いに「銀行振込」をお選びいただけません

以前より、銀行振込決済にてお振込みの確認が取れず、キャンセルとなった事が何度かあり、欲しいと思って頂いていたお客様に申し訳ないという点と

はちみつに比べると賞味期限が短いということで、できるだけ早くお届けしたいという想いもございますため、大変恐縮ではございますが、ご了承いただけましたら幸いです。

 


八街産の高級落花生「千葉半立」と
みつばちのーとのハチミツで作った
[限定200個]無添加手作りピーナッツバター


こだわりを持って作った、最高品種の落花生「千葉半立」と、みつばちのーとの天然ハチミツをしようした”ハニーピーナッツバター”

ハチミツ10%の落花生のコクが引き立つ【ビタータイプ】と、ハチミツ40%のハチミツの甘みが引き立つ【スイートタイプ】の2種類をご用意させて頂きました。

いつも予想を上回る反響を頂き、即日完売となりました。

今年中の製造が、最後となり、ばらく製造するのが難しいことと、できるだけ多くのご購入希望のお客様にお召し上がりいただけるよう、今回200セットご用意させて頂く事になしました。

まず、100セット分を本日20:00より販売開始させて頂きます。

残りの100セットは11月10日(火)入荷予定となっております。

是非お召し上がりくださいね。