mitsubachi note

MENU

ITEM

はちみつのご紹介

はじめに

このページでは私どもがどのようなこだわりのハチミツを生産しているかご紹介させていただきたいと思います。

平成26年の国内におけるハチミツの消費量40,680tに対して、国産ハチミツの生産量は2,839tであり自給率7%のみとなっております。

【参照:貿易統計(輸入量、輸出量)、畜産振興課調べ】国産ハチミツの流通量自体が少ない状況です。

ミツバチの小さな体で一生懸命集めてきたハチミツは、1匹のミツバチの一生で小さじ1杯分と言われております。

“貴重な自然からの恵み”を皆様にご提供するために、“美味しいハチミツ”“体に良いハチミツ”をご提供できるように

下記の点にこだわってハチミツを作っております。

採蜜場所・採蜜日によって
変わる味わい

私たちは季節の花に合わせ、蜂を引っ越しさせてはちみつを採蜜させます。
これを小転地養蜂(しょうてんちようほう)と言います。
はちみつは採蜜場所や採蜜日、年によって(たとえ同じ花が蜜源であったとしても)味わいが異なります。
そこで私たちのはちみつは下記のように種類分けをしています。

さくらの雫

口に入れたらふわ~っと香る桜の香り

開花時期の短い桜の花から集めてきたハチミツです。濃厚で、和を感じる上品な味わいを楽しめ、味わった後に口の中にふわっ~と桜の香りが漂います。桜の時期は年によってはミツバチにとってはまだ寒い時期に花が咲くので年によって採れたり、採れなかったりとバラツキがあります。
ONLINE SHOP

フジ・菜の花

上品な大人の甘み

癖が少なく優しい花の香り・甘みが特徴のはちみつです。ミツバチにとってはまだ寒い時期に花が咲くので年によって採れたり、採れなかったりとバラツキがあります。
ONLINE SHOP

みかんの雫

後味さっぱり!柑橘の爽やかさを味わう

伊豆の名産である柑橘の花が咲く時期に採蜜されるハチミツです。
5月中旬を中心に約2~3週間の限られた時期にだけ採ることができます。
もっと見る

数十種類の柑橘から集めてくるハチミツは後味が爽やかで飽きが来ない
とても人気のあるハチミツです。シンプルに召し上がって頂くのがおすすめで、ヨーグルトやバタートースト、紅茶などとの相性は抜群です。 ONLINE SHOP

花々の雫

食べやすく幅広い方から支持されるハチミツ

自然豊かな伊豆半島の山に咲く初夏の様々な花々から集めてきたハチミツです。集めてくる花の種類や花の混ざり具合により、さっぱりしたハチミツや優しい甘みのあるハチミツで、花の香りが広がるハチミツです。クセがあまりないので様々な使い方ができます。ヨーグルト、トーストはもちろん、チーズや生ハムにハチミツをかけブラックペッパーを加えて頂くとワインのお供にぴったりです。
ONLINE SHOP

琥珀の輝き

濃厚でコクが楽しめるハチミツ

琥珀色に輝く綺麗なハチミツは、夏に咲く花から集めてきた上品で濃厚なコクを楽しめるハチミツです。ホットミルクやミルクティーなどに合わせたり、トーストやパンケーキなどに、きな粉やすりごまなどを合わせて召し上がって頂くのもおすすめです。
ONLINE SHOP

清夏の薫り(旧 高原万花)

濃厚かつ清涼感を味わえる、大人なハチミツ

夏に咲く花から集めてきたハチミツです。春のハチミツとは異なり、自然な甘さの中にも少し渋み・苦味・酸味が混ざるちょっぴりスパイシーな大人なハチミツです。他のハチミツでは味わえない風味に虜になる方も続出です。(その反面苦手な方もいらっしゃるようです)バターやクリーム、シナモンなどと合わせるのもオススメです。
ONLINE SHOP

ハチミツの結晶について