mitsubachi note

MENU

2018/4/10

前へ、前へ、ひたすら前へ。

田中 章雄

From:田中章雄

前へ、前へ、ひたすら前へ。
とにかく前へ。

この3年間、そんな感じだった。
というか、今でもそうだけど。。。

サラリーマンの時、
「独立って大変だ」という事を聞いた事があった。
「貧乏暇なし」って言葉も聞いた事があった。

でも、実際独立してみると、
「貧乏暇なし」ってこういう事だったのかと
言葉の意味を初めて知った。
本当に暇がない。
大好きだったお酒も
最近は時間が惜しくて飲まなくなった。

サラリーマンの時に想像していたよりも
色んな不安や危機感を感じた。

だから時間が許す限り働いた。
でも凡人の私の能力では、
無駄な仕事も多く、
たくさん回り道もした。

経営能力がもっとあったら・・・
養蜂技術がもっとあったら・・・

楽観的な慎重派タイプの私は、
普段あまり悩む事はないけれども、
それでも無い物ねだりをしてしまう
自分もたまにいた。

 

妻には独立したての頃は怖かったと言われた。
貯金も十分になく、
常に売上と出費予定と
ミツバチの管理の事と
そればかり考えて、
自分なりに必死だったから、
多分ピリピリしていたんだと思う。

自分が好きな事で独立して、
(当時)家族4人を養うために、
かなり必死だった。
(今でも必死だけれども)

だから、とにかく動いた。
経験とか人脈とか0だから、
正解かどうかわからなくても、
とにかく仮説を立てて動いた。
とにかく前へ、前へ。

 

多分、私は「ツイテル」と思う。

養蜂を始めるにあたって、
伊豆に移住してきた。

もちろん知り合いなんかいなくて、
蜂を置かせてもらう場所を
飛び込みでお願いして探した。

そしたら置かせてくれる
心の広いオーナー様と出会った。

前の職場のおじいさんの土地を
紹介してもらった。

ハチミツを取引していただける事になった
取引先様から紹介してもらえた。

なんとか養蜂家になる事ができた。

販売先もなかったから、
スーツ着て飛び込みしまくった。

何件か取引してくださった。

「応援してる」とまで言ってくれた。

素敵な飴屋さんとも出会えた。
まるで自分のお母さんの様に
いつも応援・心配してくれる。
魂を込めて飴を作る人。
だからうちの飴には
ファンがたくさんいるんだと思う。

イベントも調べまくった。
夜中寝ずに、ひたすらイベントを
ネットで調べた。

どんなイベントかわからないから
とにかく出まくった。

東京まで日帰りで行って
夜中伊東に帰って着て
ハチミツの瓶詰めして
寝ないでまた東京へ
とかも普通にやっていた。

「よくやるね」とか言われたけど、
必死だったからやるしかなかった。

寝る暇、本当になかった。
平均睡眠時間2〜3時間ぐらいだった。

 

あっという間に3周年を迎えた。
本当にあっという間だった。

今までとにかく前へ進んできたのだけれども、
ここまで来れたのは
このブログを読んでくださっているような
あなたのおかげだと、
本当に本当に感謝の気持ちでいっぱい。

独立する前も”感謝”という言葉を知っていた。
でも独立してからは、
本当に本当に”感謝”する事ばかりである。

あたながハチミツを1本買ってくれていなかったら。
あなたが友達に紹介してくれていなかったら。

オーナー様が巣箱を置かせてくれなかったら。
取引様がハチミツを扱ってくれていなかったら。
取引先様が紹介してくれていなかったら。
飴屋さんと出会えていなかったら。
販売を手伝ってくれなかったら。

妻が養蜂家になる事に理解してくれなかったら。
妹が手伝ってくれていなかったら。
妻や私の母が、父が協力してくれなかったら。

この小さな小さな養蜂家は、
今を迎える事ができていなかったかもしれない。

本当に、感謝せずにいられない。

 

でも3周年迎えたからと言って、
確かに売上は毎年、
伸びているんだけれども

”コレ”といった何かを
掴んだ感触はなかった。

今回”3周年感謝セール”を行った。
コレも不安だった。

「私は感謝しているけれども、
その気持ちを受け取ってくれる
お客様はいるのだろうか。。。」
と。

でも、現時点で予想をしていた
3〜4倍のお客様から
ご注文を頂いている。
(発送が遅くなってしまったお客様
もうしわけございませんでした。)

それだけでなく、
メッセージもたくさん添えてくださって。
もう本当に嬉しすぎます。
頂いたメッセージ大事に保管させて頂きます。

今回、”3周年感謝セール”を行ってみて、
今まで必死にがむしゃらにやってきた事が
間違っていなかったんだなと少し思えた。

そしてやっぱり
ハチミツの販売の方法って
色々あるけれども、
こうやってお客様と直接
関わりを持てることは、
私にとってモチベーションなんだなと
再認識した。

ちょっぴり、この3年間を
振り返るきっかけになった
”3周年感謝セール”でした。

今回もご購入いただいたお客様、
いつも催事やイベントにお越しいただけるお客様、
そして、いつもブログを読んでくださるお客様、
本当にありがとうございます。

でも、私が思い描いているものに対して
全くまだまだ足りていません。

そして、養蜂家が忙しくなる
採蜜シーズンがもうそこまで来ました。

これからより一層頑張りますので、
今後ともよろしくお願いします。

PS
”3周年感謝セール”は本日
4月10日までとなっております。
”3周年感謝セール”はこちら

代表
田中 章雄 AKIO TANAKA
1986年生まれ、茨城県出身、宇都宮大学農学部農業環境工学科卒業。大学卒業後、横浜にて不動産仲介企業に入社して営業・人事を経験。大学時代に経験したグリーンツーリズムで感じた自然資源の可能性・豊かさを忘れられず農業ベンチャー企業へ転職。そこで養蜂と運命的に出会い、どんどん魅力にとりつかれて行く。師匠にお願いし、広島に移り住み修行を積む。2015年3月に養蜂家として独立するために伊東市に移住。日々養蜂家として勉強の日々を過ごしている。プライベートでは3児(息子2人と娘1人)のパパ。

COMMENT

コメントは管理者の承認制となっております。コメントが承認されるまでお待ちください。

CATEGORY