mitsubachi note

こんにちは。管理栄養士の南谷です。

いつもレシピをご覧いただきありがとうございます!

ご縁があって、“みつばちのーと”のハチミツを使ったレシピをご紹介しています。

私は管理栄養士として働いたのち、パティシエになったという経歴があります。

管理栄養士としては、

保育園にて給食・おやつの献立作成、栄養計算、材料の発注、調理など…

給食に関わることは何でもやっていました。

保育園で給食を作っている当時、子どもの笑顔って素敵だな~と思っていました。

私自身は、小さい頃からスイーツを作って家族や周りの人に喜んでもらえること、笑顔になってもらえることが好きだったことを思い出し…

子ども達が想像力豊かに想い描くケーキを、作ってあげられるような技術を身に付けたい!と思い転職を決意。

パティシエとして、個人店やホテルにて勤務しました。

パティシエの経験や独学で得た技術で、当時描いていた子ども達の笑顔のお手伝いが、少しはできているのかな~と感じています。

現在は我が子やお友達のお誕生日にこんなケーキを作ったりしています!

長女を出産後、仕事からは離れていましたが、そんな時”みつばちのーと”のハチミツと出会いました!

今まで給食やケーキの材料としてハチミツは使っていましたが、こんなに美味しいハチミツがあったのかー!!と衝撃を受けました。

食べると笑顔に変えてくれる”魔法のおまじない”みたいに、自然と口角が上がってしまいます。

その時に感じた幸福感を、少しでもお裾分けできたらな~という想いでレシピを作っています。

“みつばちのーと”のハチミツは、そのままでも美味しいので、手を加えないでそのまま食べたいなって気持ちも本当によく分かります。

美味しく召し上がっていただければ、そのままでもいいのです。

ふと、アレンジもしてみたいな~と思った時にレシピをのぞいてみて下さい♪

なるべくハチミツを加熱せず、手軽に、毎日の生活にも溶け込みやすいようなレシピを心がけています。

さて、今回はカカオニブハニーを使って、お試ししやすいレシピをご紹介したいと思います。

カカオニブは、今まで食べたことなかったという方も多いのではないでしょうか?

私もカカオニブハニーで、カカオニブデビューをしました。

初めて試食する際には、

“どんな味がするのかな~”

“チョコレートみたいに感じるのかな~”

とドキドキワクワクしたのを覚えています。

食べてみると、歯ごたえがカリカリッとしていて、まるでチョコチップを食べているよう!

ハチミツに漬けることによって、カカオニブの苦みが緩和され、甘すぎず苦すぎずで絶妙なバランス。

さらに驚いたのが後味です!

カカオニブハニーは、ビターチョコレートのような風味がありながら、後味にくどさが一切ありませんでした。

食べ終わるとハチミツのほのかな甘みと、カカオニブのビターな香りだけが残り、これはとても衝撃でした。

くどくないから飽きがこない、チョコレートのようなのに朝から食べても重たくない!

毎日の食卓にも大活躍ですね!

レシピをご紹介した後には、カカオニブのお話も簡単にしたいと思います。

カカオニブってどんな食べ物?

カカオニブって栄養はあるのかな~?

など、気になることがありましたら最後までご覧いただけると嬉しいです♪

 

\材料2つを入れるだけ!/
カカオニブハニーのオレンジショコラ漬け

【材料】

・オレンジ … 1個
カカオニブハニー … ティースプーン山盛り3杯ほど

【作り方】

⑴オレンジの皮をむいて、実を取り出し、大きいものは半分に切る

⑵瓶に半分ほどオレンジを入れ、その上にカカオニブハニーを入れ、残りのオレンジも入れ、一番上にもカカオニブハニーをさらに入れる

⑶上下に優しく振り、半日~1日冷蔵庫で冷やす

【ポイント!】

・写真のように、ヨーグルトにかけるとちょっとしたデザートに!

・大人用にはラム酒を加えてもいいですね!

 

\作り置きにも!/
カカオニブ入りハチミツ肉味噌

【材料】

・豚ひき肉 … 100g
・ごま油 … 適量
・しょうがチューブ … 約2㎝
・にんにくチューブ … 約2㎝
・味噌(今回は麦味噌を使用)… 大さじ1
カカオニブハニー … 大さじ1
・ごま油(仕上げ用)… 小さじ1

【作り方】 

⑴鍋にごま油を適量しき、しょうがチューブ、にんにくチューブ、豚ひき肉を炒める

⑵味噌を加えて、味噌がなじむように炒める

⑶火を止めて、少し冷めた後にごま油とカカオニブハニーを加えて混ぜる

【ポイント!】

・カカオニブハニーを加熱しないように、少し冷めてから加えました

・あまった肉味噌は、瓶や密閉容器に入れ、冷蔵庫で保存してください

・3~4日以内に食べきるのがおすすめです

 

 

カカオニブハニーのティラミス

【材料】 

・クリームチーズ … 100g
・無糖ヨーグルト … 100g
カカオニブハニー … 40g
・ビスケット … 40g
・濃い目に入れたコーヒー … 50g
・ココアパウダー … 適量

※コーヒーをインスタントコーヒーで代用する場合
・インスタントコーヒー … 5g 
・お湯 … 50g

【作り方】

⑴クリームチーズは常温に置き、柔らかくしておく

⑵コーヒーを濃い目に入れる → 冷ましておく

⑶ボウルにクリームチーズを入れ、なめらかになるまで混ぜる

⑷ヨーグルト、カカオニブハニーも加え、混ぜる

⑸ビスケットを粗く砕き、冷ましたコーヒーに浸しておく

⑹コーヒーに浸したビスケット→⑷のチーズクリーム→コーヒーに浸したビスケット→⑷のチーズクリームの順で、ガラス瓶やグラスに盛り付ける

⑺最後に茶こしでココアパウダーを振りかける

【ポイント!】

・ココアパウダーをかける際に、瓶の口と同じ形にくりぬいた紙をおいてかけると、周りを汚さずにココアパウダーをかけることが出来ます

・輪切りにしたバナナをチーズクリームの中に入れてもおすすめです!

 

カカオニブとは?

カカオニブとは、チョコレートやココアパウダーの原料となるカカオ豆をローストし、外皮と胚芽を取り除き、粗く砕いたものです。

カカオニブをペースト状にし、砂糖やミルク、ココアバターなどを加えたものが”チョコレート”です。

 

カカオニブって栄養はあるの?

カカオニブはスーパーフードと呼ばれるくらい栄養も豊富で注目されています。

カカオニブの特徴として、代表的なものにカカオポリフェノールがあります。

ポリフェノールと聞くと、何となく体に良いイメージがありますよね?

ポリフェノールといえば、赤ワインや緑茶が思い浮かびますが、カカオにもポリフェノールがあるんです。

カカオポリフェノールについて、抗酸化作用による動脈硬化の予防、老化防止、生活習慣病の予防などが研究成果として報告されています。

 

抗酸化作用って?

ハチミツのお話でもよく出てくる抗酸化作用。

抗酸化作用とは…

簡単に言うと「酸化に抗う(あらがう)作用」=「酸化に逆らう作用」

ということになります。

鉄が酸化すると錆びるように、人間の体も酸化すると、老化が早まったり、免疫力が低下したりします。

この原因となるのが、呼吸で取り込んだ酸素の中から数%の割合で変化する「活性酸素」というものです。

抗酸化作用は、この「活性酸素」の働きを抑制してくれます。

その結果、老化を防いだり、免疫力低下を防ぐことにつながっています。

 

その他にも…

カカオニブには、たんぱく質、脂質、糖質、食物繊維、ミネラル類、テオブロミンなどが含まれています。

カカオニブはコーヒーのように抽出することなく、そのまま食べる事ができるため、ポリフェノールもそうですが、食物繊維、ミネラルも豊富に摂取できます。

カカオニブの食物繊維は、人間の消化酵素や腸内細菌に分解されにくいので、体内に吸収されず、便秘の改善が期待できます。

カカオニブのミネラルは、カリウム、鉄、マグネシウム、カルシウム、銅などを豊富に含んでいます。

ミネラルには、骨を作ったり、身体の外から受ける環境の変化に関わらず、身体の状態(体温・血糖・免疫)を一定に保つ役割があります。

 

スーパーフードと呼ばれているカカオニブを、”みつばちのーと”のハチミツに漬けた「カカオニブハニー

重たくないので、パンに添えて朝食に…

そのままパクッと!おやつに…

罪悪感なく、眠る前の贅沢な時間に…

あなたの好みで毎日とり入れていただけると嬉しいです♪

 

栄養成分の働きについての参照元:日本チョコレート・ココア協会:チョコレート・ココア健康講座